不思議な貯金箱

ずるずる更新が遅れてしまい申し訳ない 目標を下方修正します 月に4~5本ブログをあげることを目指します 友人は小銭貯金をしています これが結構溜まるらしく、現在でも月30000円程の貯金になっているそうです あるお店を訪れた時の話です ある小箱を見つけたそうです それまではいわゆる貯金箱にお金を…
コメント:0

続きを読むread more

やさしさに包まれて その2

中は思いのほか広くできています その中心に立ち手を合わせ頭を垂れ、祈りを捧げました その瞬間、けたたましく鳴っていた雨の音が消えた 静寂に包まれる 目を瞑って祈りを捧げると、天井から何かかが降ってくるイメージがした それは薄い絹のようなものだと感じた 気にせず、祈りを捧げていたところ、それはふわっと友人を…
コメント:0

続きを読むread more

やさしさに包まれて その1

なかなか思い通りに定期的には書けませんね でもなんとか書いていきますので、もしよろしければお付き合いいただければ幸いです 大船には大きな観音様がいらっしゃいます 大船駅からも見える大船観音です 小さいころ、父親に鎌倉に行くときにはいつも ライディーンはあそこから出てくるんだよと言われていて、それを信じていました …
コメント:0

続きを読むread more

鳴る電話

まず、彼と友人の関係を書いておきます 友人はシングルマザー。彼と友人は同じバイト先で知り合って、友人の娘とも同じバイト先で知り合い 彼は友人の後見人的立場にいる Lineに友人の娘からの電話 夜の8時ごろの事だった 不審に思いながら電話に出てみると、中年の男性の声 混乱しながら、内容を尋ねると、電話の後ろ…
コメント:0

続きを読むread more

偶然の出来事

なかなか、定期更新は難しいですね 今後は週一つあげる事を目標に変えます 今後もお付き合いいただけると幸いです この話も介護の仕事をしている友人からの話です 少しややこしい話になるので時系列を追う形で話を進めます なお出てくる日にちは実際の日にちではありませんのでご了承下さい 12月 友人とささいな事でケンカをしてし…
コメント:0

続きを読むread more

介護あるある?

前回の介護士の先輩の話です いわゆる介護あるあるらしいです 夜間帯、頻回にナースコールを鳴らす、ご利用者がいたそうです 5分に一度くらいの頻回さだそうです そうなると夜勤が終わってもずっとナースコールが鳴っている錯覚に陥ることもあるそうです そんな方が亡くなったそうです 不謹慎かもしれませんが、これで静か…
コメント:0

続きを読むread more

黒い人

前回より結構時間が空いてしまいました 申し訳ありません 今回はよく聞く都市伝説です 死期が近づいた人には黒い人が見える という話です 友人の友達に介護士がいます その介護士が経験した話です 入居している女性を車椅子からベッドに移動させる時の事です いつものは何も言わない方、「発語がない」と言うそうです…
コメント:0

続きを読むread more

高校の話

彼の高校は某事故物件サイトに載っている高校です まだ彼が高校生の頃はやっと機械警備が入ったばかりの頃で、数年前まではアルバイトが当直をやっていたそうです 彼が所属していた部活は毎年、いわゆる勘の強い方が一人はいたそうです そして代々伝わるスポットがあるそうです 確かの私も行ったことがあるのですが、廊下の突き当りに…
コメント:0

続きを読むread more

人形

監修している友人が、日曜日に夜勤明けになっている関係で、日曜日にブログに上げるのが難しくなっています まぁ、日曜日前後にあげる、と言うことで了解いただけるとありがたいです では本題に入ります 友人の母親が交通事故にあったそうです それはそれは凄惨な事故現場だったそうです 血の海に倒れている母親を見たとき、終わっ…
コメント:0

続きを読むread more

不動金縛り

ここしばらくは、日曜日の更新が難しそうです 出来るだけ日曜更新を行っていきたいと思います ですが、今回のように月曜日になってしまうこともありますがそこはご容赦をお願いします 一般的に金縛りは、睡眠中に脳だけが覚醒して体が睡眠状態の時に起きるとされている 友人が言うには、金縛りは2通りあるそうだ 彼は一時期、頻繁に金…
コメント:0

続きを読むread more

事故物件 その2

以前にも書きましたが、友人は某事故物件サイトにも載っている所に住んでいます 彼に言わせると、そのサイトには2件だけしか載っていませんが、実際はもっと多くの事が起きています 彼の同級生の中には実際にその瞬間などを見た人がたくさんいます 事故物件サイトに載っている事故の内容ですが、彼はかなり詳しくその話を知っていました その…
コメント:0

続きを読むread more

虫の知らせ

ここの所、やることなすこと裏目に出てしまい、日曜日に更新できませんでした なので今回はそのお詫びを兼ねて2本文章をあげようとおもいます それは私の友人が浪人生の時だったそうです 彼は某大学のいわゆるクリスマス入試を受験したそうです 家族以外は誰も知りませんでした 話は少し戻ります 夏の事です。曽祖母が…
コメント:0

続きを読むread more

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます 今年も地味に書いていきますのでよろしくお願いします 新年と言えば、初詣です その初詣で関連する駅の話です 今でこそ、高架が多くなってしまったのですが、昔は踏切がいっぱいありました その中には事故が多発する踏切もあったそうです とある踏切の事です。その踏切は駅の真横にあるため…
コメント:0

続きを読むread more

試してみた

これは友人のさらに友人の話だそうです 彼が小学生のころと言えばUFOブームやノストラダムスの大予言や心霊写真などのオカルトブームの真っただ中でした 当時、「語り部」のあだなを持っていた彼の元には色々な話が舞い込んできたそうです その中で興味深い話があったそうです 彼の友人たちは自分の知っている怖い話をしたくてしょ…
コメント:0

続きを読むread more

数字の話 その3

少し話は変わるが四文字熟語で「四苦八苦」という言葉がある 雑学のある方なら ああ煩悩の数になるって話でしょ、となる 四苦は「しくさんじゅうろく」に通じる つまり4×9=36 同様に 八苦は「はっくしちじゅうに」に通じる つまり8×9=72 そしてその両方をたすと108、つまり煩悩の数と同じになる 108…
コメント:0

続きを読むread more

数字の話 その2

すいません 日曜更新だったのですが、一日遅れてしまいました 今回は前回の続きです 4+9は13になる 13日の金曜日のタイトルからわかるように、西洋では13はあまり好まれている数字ではありません そして小タロットにおける13を冠しているカードは「デス」つまり死神を象徴しているカードです そしてこの13を構成し…
コメント:0

続きを読むread more

数字の話 その1

話は長くなるので分割します 友人はゆっくりと話し始めた 日本で好まれない数字と言えば、そう、4と9 4はその読みが「し」で「死」を連想させるから 9はその読みが「く」で「苦」を連想させるから 高齢者施設等では部屋番に4や9を避ける所もある さらに日本では「櫛」を贈る事も好まれていないそれは「くし」が「94」と読み替えられ苦(…
コメント:0

続きを読むread more

事故物件

私が住んでいるところは、最近はやりの事故物件というところです 某サイトには2件の事故が掲載されています あれはあくまでも口コミしか載っていませんので、実際は2件では済みません 一時期は〇〇の名所と言われていたほどなので 中学時代、友人が遊びに来たい、と言ったので私に住んでいるところに招待しました 1階のエントラ…
コメント:0

続きを読むread more

チリリン便所

彼の小学校時代の話 クラブ活動の授業中のことだそうです 突然、教室に連絡がきたそうです 新校舎の1階にある女子トイレ、奥から2番目の個室。水を流してみて 新校舎は1年生が使用する校舎のため、6時間目だったこの時間、校舎には生徒はいなかった 先生に「トイレに行ってきます」とクラブ活動を中座をし確認に行きました…
コメント:0

続きを読むread more

見えるもの

私の友人は体の周りに靄のようなが時々見えると言っていました 感じるという人の周りにはその靄は小さく、感じないという人の周りは靄が厚くかかっているそうです 感じる人のほうがいわゆるオーラみたいのが多くて厚くなりそうそうだけど、と話したところ なんていいうんだろう いわゆるオーラとは違っていて、その方を守護している被膜み…
コメント:0

続きを読むread more